• HOME
  • topic
  • INTERVIEW
  • 太田基裕×平間壮一インタビュー ミュージカル『キングアーサー』「世界中でこれだけ知られている作品と触れ合えることが嬉しい」(後編)

太田基裕×平間壮一インタビュー ミュージカル『キングアーサー』「世界中でこれだけ知られている作品と触れ合えることが嬉しい」(後編)

INTERVIEW

2023年1月12日より新国立劇場 中劇場にて、ミュージカル『キングアーサー』が上演されます。 (※ 1月12日~ 1月15日までは公演中止)

本作は、ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』『太陽王』『ロックオペラ モーツァルト』、宝塚歌劇花組公演『CASANOVA』など、数々のヒット作を生み出しているドーヴ・アチア氏が音楽・脚本・歌詞を手掛けるフレンチミュージカルの日本版。

日本版の演出を手掛けるのは、2020年には韓国演劇界最高峰の演劇賞にて演出賞を受賞、今、韓国演劇界で最も注目される新進気鋭の演出家オ・ルピナ氏が担当します。

天から下される運命に立ち向かう主人公アーサーを演じるのは、浦井健治さん。最強の騎士として評されアーサーの敵として立ちはだかるメレアガンを演じるのは、伊礼彼方さんと加藤和樹さん、アーサーに忠誠を誓うが恋敵となるランスロットを演じるのは、太田基裕さんと平間壮一さん、アーサーの妻グィネヴィアには小南満佑子さんと宮澤佐江さん、アーサーの甥ガウェインを小林亮太さん、アーサーの兄ケイを東山光明さん、アーサーに仕え導く魔術師マーリンを石川禅さん、アーサーの異父姉であるモルガンを安蘭けいさんが演じます。

THEATER GIRLは、Wキャストでランスロットを演じる、太田基裕さんと平間壮一さんにインタビュー。後編では、フレンチロックを基調とした楽曲の印象や役柄にちなみ、お二人がつい惹かれてしまうものなど、たっぷりとお話をうかがいました。

インタビュー前編はこちら

ランスロットの楽曲は「全部甘い」

――本作は、フレンチロックを基調とした多彩な音楽で描かれているとのことですが、楽曲の印象はいかがでしょうか。実際に歌われて難しいと感じる部分はありましたか?

太田:男性陣はみんなキーが高いって、ヒーヒー言ってますよね。

平間:しかも幅が広いんですよね。低いAメロから急にサビでグーッと上がったりするのでやばいですね。

太田:B’zみたいな感じだよね(笑)。

平間:サビでギューンみたいな(笑)。特に、メレアガンの曲はシャウトもありますしね。

太田:メレアガンは、すごく高いキーを歌ったと思いきや、ものすごく低いところにいったりとすごく幅が広いんです。ただ、そういう意味では特徴的なので、 引きつけられる楽曲は多い気がしますね。

平間:すごくキャッチーですね。

太田:聴く人が掴まれるというか、曲の構成が面白いなと思いますね。

――ランスロットが歌う楽曲はどんな雰囲気なんでしょうか?

平間:甘いです(笑)。

太田:甘いよね(笑)。

平間:全部甘いです。でも、ラストだけ急にB’zみたいになったりする(笑)。

――甘い楽曲だと思ったら、最後、急にキーが上がったりするんですね(笑)。

平間:そうなんです。ただ聞いた話によると、フランスのミュージカルの見方自体、日本とはちょっと違うみたいで。 フランスは、ミュージカルのために曲を作るというよりも、先に曲を提供していて、その一曲一曲が音楽チャートに入っているらしくて。それを組み合わせて一つのミュージカルにするみたいなんです。だから、みんな初日から曲は知っていて「この曲聴ける!」という感じなんですよね。

太田:もうライブだよね。盛り上がるための曲って感じ。

平間:今回もそういう曲が多いので、コロナ禍だけど、気持ちは盛り上がってほしいと思います。

太田:芝居なしで生バンドでライブでやってもいいのではっていうくらい、ライブ向きの曲が多いですしね。

平間:割とバレエとかオペラとかに近いのかな。日本はお芝居を観に来るって感じだけど、フランスだと一緒に体感するって感覚なんですよね。

太田:歌詞とステージングがけっこう違う感じなので、すごくライブっぽいと思います。日本だと、 芝居の流れから曲が始まって、いかに 芝居っぽくするかという感じだけど、今回は割とステージングな感じかもしれないですね。

お二人がつい惹かれてしまうものとは……!?

――本作ではランスロットがアーサーの妻とは知らずに、グィネヴィアに惹かれていきますが、お二人がつい惹かれてしまう人や物はありますか?

太田:それこそ平間くんですね! 平間くんが絵を描くことを知らなかったんですけど、めちゃくちゃポップで可愛い絵を描かれていて。その時に、完璧に持っていかれました(笑)。そういう職人気質の人が好きなんです。何かわからないけどそういう癖があるみたいで(笑)。たとえば、お裁縫でもどんなことでもいいんだけど、一人で何時間も一つのことをやっているタイプの人を見ると、すごくキュンとします。なんか素敵だなって。

――太田さんも、絵は得意だったりするのでしょうか?

太田:僕、絵がめちゃくちゃ下手なんです(笑)。だから多分、絵が上手に描ける人への憧れもあると思います。自分にないもないものを持っているというか。

平間:僕は街中を歩いていて、可愛いデザインを見つけると、立ち止まって見ちゃいますね。

太田:そうなんだ! そこからなにか盗もうと思うの?

平間:「こういう線書くんだな」とか、そういうのを見てますね。あと、空き缶も好きです。

太田:空き缶のデザインってこと?

平間:あっ、そうじゃなくて、空き缶が風でコロコロ転がってるのに惹かれちゃう(笑)。

太田:それ、おもしろい!

平間:その瞬間を絵にしたらいいかも、とか。

太田:あぁ、なるほど!

平間:なんかそういうものに惹かれちゃいます。

――本作は1月に上演されますが、お二人がこの冬手放せないものはありますか?

太田:去年から充電式の湯たんぽを使っているんですけど、それが結構便利なんです。15分ぐらい充電するだけで、しばらくあったかいし、今年もすでに1、2回使いました。意外とお手頃価格だし、どんどん便利なものが出てくるなって。

平間:僕は指輪ですね。僕、冬にしか指輪をつけないんですよ。夏は半袖だから、見えるところにいっぱいつけられるけど、冬はパーカーとかを着ることが多いから、結局見えるのって指輪しかないんですよね。いつも舞台を頑張ったご褒美として、「この舞台も頑張ったな」と指輪を買うようにしているんです。

太田:そういう時に買うんだ、いいね! でも、『キングアーサー』が終わった頃はもう春だから、中日あたりにちょっとフライングして(笑)。

2023年も歌にトライし続ける一年にできたら

――お二人の2023年の抱負をうかがえますでしょうか。

平間:個人的に、今まで歌への苦手意識が強くて。ただ、ミュージカルのお仕事を続けさせていただく中で、歌うことが楽しくないと、心が持たないかもと思ったんです。今までも、楽しくない訳ではなかったんですけど、練習期間にもがくことが多すぎて。

やっぱりダンスと同じくらい、自分流に自由に表現できたらいいなと思って。今回、『キングアーサー』から初めて小声で歌うことにチャレンジしているんです。今までは地声で張り上げる感じにしか歌えなかったので。2023年もそうやって歌にトライし続ける一年にできたらと思いますね。

太田:僕も同じですね。自分が想像している表現の幅に、全く追い付けていないのは自覚してるんですけど、自分が思い描いている感覚には近づけるように努力したいなって。だから平間くんとすごく似ていて、自分自身の表現の幅を広げたいなって。

もちろん上手くなったねと評価されたい気持ちもあるけど、それよりも、自分の中で育っている何かをしっかり持てたらといいなと。歌ってこういうものかもしれないと、自分自身の歌に対して、もう少し明確に持てたらいいなという気はします。毎年思ってることではありますけど、今の平間くんの話を聞いて、やっぱりそうだなと思いました。

平間:やっぱり大人になると難しいなと思いますね。イメージとしては、マラソン選手やサッカー選手と同じで。 全力で自分のできる限りを尽くせば、いいものができると思いきや、歌やお芝居ってそうならないんですよね。力も抜かなきゃいけないし、余裕がなくちゃいけない。気張ることが頑張ることではないというか。かと言って、余裕でやる気がない感じにやってもお客様に失礼だし。いいバランスというのがすごく難しくて、日々それと戦っています。だからつい、「俺やってますよ!」って気張りたくなるんですよね(笑)。

――では、最後に改めて本作を楽しみにされている方にメッセージをお願いします。

太田:先ほども言ったとおり、キャッチーな楽曲が多いですし、気楽に観られる作品だと思うので、友達や家族連れでフラっと劇場に来ていただいて、「あの曲がカッコよかった」、「あのキャラクターが素敵だった」と、気負わずに楽しんでいただけたら嬉しいです。

平間:昔、もっくんが出ていたスカピン(ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』)を観たときに、単純に「カッコいい!」と思ったんです。やっぱり大人になると、「抜けない剣なんてある?」みたいな考え方になってしまったりすると思うんですけど、そういうものを超えて、単純に 「騎士の男たちが剣を掲げている姿がカッコいい!」と思ってもらえるような作品にできるように頑張りたいと思います。

取材・文:THEATER GIRL編集部

インタビュー前編はこちら

公演概要

ミュージカル『キングアーサー』

2023年1月12日(木)~2月5日(日)
新国立劇場 中劇場

(※ 1月12日~ 1月15日までは公演中止)

日本版台本・演出:オ・ルピナ

アーサー:浦井健治
メレアガン:伊礼彼方/加藤和樹 (Wキャスト/五十音順)
ランスロット:太田基裕/平間壮一 (Wキャスト/五十音順)
グィネヴィア:小南満佑子/宮澤佐江 (Wキャスト/五十音順)
ガウェイン:小林亮太
ケイ:東山光明
マーリン:石川禅
モルガン:安蘭けい

公式サイト:https://horipro-stage.jp/stage/kingarthur2023/

THEATER GIRL編集部

観劇女子のためのスタイルマガジン「THEATER GIRL(シアターガール)」編集部。観劇好きの女子向けコンテンツや情報をお届けします。

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧